映画3月のライオン

仕事で、利用者さんと、3月のライオンを観てきました。

もともと、原作は読んでなく、アニメは視ていたので、アニメと映画の比較。

初っ端から葬儀のシーン?葬儀シーン2回もやる必要ある?

香子、うるさい。そのうるささ、何回もやる必要ある?

ギャグ要素少な‼︎アニメはもっとギャグ多かった様な…。

川本家の出番、少な!川本家絡みの高橋くんネタも無いの?

松永さんのくだりは?

後藤さんに、「あの人、強いんだよなぁ。顔怖いけど」の「顔怖いけど」のセリフは無しなの?

林田先生の出番少な‼︎

二階堂役、よく見つけたなぁ。

宗谷との絡み、そんなんだっけ?対局前にホテルの庭園で会ってって流れじゃなかったっけ?

あと、宗谷と島田の盤上解説、最初から桐山がやる事になってなくて、誰かインフルになって、バタバタしてるうちに会長からの指名でやる事になったんじゃなかった?

あと、宗谷と島田の対局の時には、二階堂退院してた様な…。

幸田棋士が、「会長にうるさいのであっちに行っててもらえますか?」のシーンは?

猫の描写が非常に少ない上、猫達の声は無いの?

林田先生のミスで単位が足りなくて、レポートになり、実験をした事ない桐山に放科部で実験をさせて貰い、野口に出会って、仲間の大切さを知ってから勉強会に入るんじゃなかったの?なんか、島田さんが後藤さんに勝ったのを見て勉強会に入ったように見えたけど…。

などなど、アニメと映画での違いだけでもこれだけあったのだから、原作とアニメはもっと違うのかなぁなんて思った映画でした。

因みに、ちょいちょいNHK杯で出てくる人が画面に出てきたけど…まあ、いいや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です